しつけの相談

※獣医師のコメントはあくまでアドバイスであり、確定的な診断ではありません。確定的な診断が必要な場合は、最寄りの動物病院にご相談ください。※個人を特定しうる情報は記入しないで下さい。

しつけについての相談

相談日:2016年12月23日

相談中

トレーナーからの返信

この悩みを解決する難易度

改善するのはかなり難しい。プロのトレーナーにしっかりと相談したほうがいい

問題行動の原因

叱るやり方・恐怖心・飼い主さんとの信頼関係

飼い主がどのように行動するべきか

わんちゃんは5歳頃に突然大きな犬に咬まれて以降吠えるようになったということですね。それは可哀想な経験をしましたね。

言葉やその他色々な「叱る」方法を試していらっしゃいますが、叱る事は無意味どころか逆効果です。この場合、わんちゃんは他犬への恐怖心から防衛の為に吠えています。怖くて追い詰められて吠えている所に、飼い主さんがコラ!と叱ったら、わんちゃんには飼い主さんが応援してくれてる!と伝わってる可能性もありますし、怒られてると感じていたらもっと追い詰められます。いずれにしても、興奮は更に増すので吠えが激しくなります。
それから、動画を拝見した限り、飼い主さんが吠えさせちゃっています。「遠くでも犬や動くものを見付けたら吠える」と分かっているのですから、吠える前、又は間に合わなければ吠えちゃってからでも良いので、わんちゃんの大好きなおやつ(ゆでたささみ、チーズ等、匂いが強い物が良いです)をお口に運んであげてください。「あ、犬いたねー!ラッキーだねー♪」みたいなポジティブな雰囲気でやってあげてください。”要求吠え”と違って、ご褒美をあげることで「吠えればもらえる」と学習する事はありません。「警戒吠え」は、このように良いものとの条件付けを繰り返してあげることで、犬の感情がポジティブに変わって行きます。(犬の登場 = 飼い主からご褒美がもらえる良い合図♪になれば、吠える必要が無くなって行きます。)

きっと、飼い主さんは「犬のしつけは叱らなければならないもの」という思い込みがあるのではないでしょうか?残念ながら、しつけ本は今でも罰を使う厳しいやり方の物がほとんどのようで、いつも飼い主さんから具体的にお聞きしてびっくりしてしまいます。「ほめるしつけ」は最新の動物行動学で科学的に証明されている、人道的で犬も人も楽しい手法です。文面だけのやり取りではイメージが沸かないと思いますので、一度体験的にでも私のしつけ方教室にお越し頂ければ、必ず吠えは改善して行けます。

あると便利なアイテム

その他注意事項

口を掴む、目を隠すなどの罰は、飼い主さんとの信頼関係も悪くしてしまいます。犬にとっては意味不明な行為で、こういった罰から飼い主さんへの攻撃性にも発展するケースが本当に多いです。今すぐ止めてあげてください。

トレーナーからの質問

  • ペットアイコン

    ご回答ありがとうございます!細かく教えていただきとても参考になります。
    こら!って怒るのは実はあまり良くないんですね。。。。反省しました。

    2016/12/23 23:12

  • 獣医アイコン

    遅いお時間に早速ご返答頂き、ありがとうございます。ご返信をお待たせしてしまい、申し訳ありません。
    お分かり頂けて嬉しいです^^ プロフィールから、飼い主さんの愛情深さは伝わって来てました。可愛いわんちゃんを、本当は怒ってイライラしたくないですよね!
    10歳でも何歳でも、トレーニングが遅いことはないですよ♪人間も、何か勉強しようと思ったら、何歳からでも学習出来るのと一緒です。犬も、いくつになっても新しい事を覚える事が大好きです♪ また、トレーニングで頭を使う事は、脳トレにもなります。その為、寧ろシニア犬の場合、ボケや寝たきりを防止して、わんちゃんが活き活きと元気に過ごせる為にも、トレーニングはとても良いです。

    2016/12/23 23:58